カテゴリー
スキンケア

病名は酒さ様皮膚炎とか。

現在、私の顔面は鼻回りから両頬、あごと赤味を帯びておりボツボツも沢山出来ている。これが数年間治らない。どうやって始まったか覚えていないが、とにかくニキビとは明らかに違うボツボツ達。自分の症状をインターネットで調べると、どうやら「酒さ様皮膚炎」というものらしい。

この病名は一般には知れ渡っていない。が、何と皮膚科医にも知れ渡っていないらしく、きちんと診察出来た皮膚科医は一人だけであった。というより、「酒さ」「皮膚科」等と検索をしてヒットした皮膚科に何か所か通ったうち、きちんと治療してくれたのはたったの1件であった。

そこで診察してもらい、何と「顔ダニ」が多数いることまで判明。顕微鏡で私の顔ダニ、顔ダニの卵まで見せられ、私がよかれと思って、せっせと塗ったくっていた高級オイルなどが全てダニのエサになっていたらしい。

そして、このダニとダニの卵を殺す飲み薬が、日本では認可されておらず自費になるとのことで結構なお値段だったが迷わず購入。ハクアージュ

2週間後、めでたくダニどもの数を減らすことができ、「酒さ」の方もほぼ完治に向かっていった。

そこで、もともと、お肌ケア大好きだった私の、ケアしたい熱がうずうずしてきてしまった。

オイルはダメ、と言われたからオイルじゃなきゃ、いいよね?とスクラブやら、シートマスクやら今までの分、取り戻して綺麗なお肌にするぞー!

とウキウキでケアにいそしんでいたが、どうやら、ある日また、赤いボツボツができているような、気がした。

見て見ぬふりをしよう、と思っていたのだが、やはり、そこからまた一気に赤味とボツボツが広がりだした。飲み薬で多少は落ち着くのだが、薬を飲まないと再発する。

熱くなり顔表面の温度が上がると、赤味もボツボツも噴き出てくる。そこで、この外出自粛をきっかけに、肌断食を決行してみた。

あの、洗顔もせず、化粧水すらつけない荒治療。すごく勇気がいることだった。でも、どうせ誰にも会わないし、ちょっとだけやってみよう。

恐いもの見たさでやってみたら!なんと!完治はしていないが、完治の方向へ向かいつつあるように見える。

時短にもなるし、何よりお金がかからない。ケア好きの私的にはつまらない気もするのだが、今まで色々塗りすぎだったのだ。

何といっても顔が軽い。外出自粛がなければ気付かなかったかもしれない。今後も外出には当分マスクが必要だし何もしないケア、継続していくつもりでいる。