薄毛で悩んだ経験談を話す

薄毛で悩んだ経験談を話す

老いも若きも共通して悩むことのひとつに薄毛があると思います。最近では、ストレスが原因で中学生くらいから薄毛に悩むケースもあるとか、ストレス社会である現代に生きる日本人にとって薄毛は深刻な問題であることは間違い無いでしょう。それでは、そんな薄毛はいつ頃から意識し始めたら良いのか?いつ頃から対策し始めたら良いのか?自身の経験を元に話していきたいと思います。

若ハゲへの効果は?タマゴサミン配合の育毛剤ニューモで頭皮をケアした私の口コミ&評価!

人生初の薄毛経験

生まれつき、額が広くて小学生の頃から若ハゲとからかわれていた私ですが、人生で初めて薄毛で悩んだのは大学生の時でした。それは、一晩中悪夢を見たある日の朝に起こりました。とにかく寝苦しくて、汗を大量にかいて目が覚めたら、枕元にたくさんの抜け毛があるのを見つけました。そして、自分の頭を触ってみたら、なんと髪の毛が少なくなっている?とにかく、ボリュームとコシが前日までと違って極端に少なくなっていることに気づきました。今と違ってその頃はインターネットなんて便利なものはなく、雑誌や本でしか薄毛について調べることができず、相当に悩んだ記憶があります。しかし、学業が忙しかったこともあり、いつのまにか薄毛は気にならなくなりました。

人生二度目の薄毛経験

それは、社会人になってから訪れました。今や学生時代とは比較にならないくらいのストレスが毎日毎日、仕事上もプライベートでも溢れています。半世紀も生きてきた人間には

白髪もあり、枝毛もあり、抜け毛もあり、とにかく髪の毛に関しては悩みだらけです。

やはり、強いストレスがかかった翌朝にはなんとなく髪毛のボリュームとコシが減っている印象があります。そこで、ネットで薄毛についての対策を調べると、とにかくものすごい量の情報が溢れています。学生時代にネットがあればどんなに助かったか・・・

薄毛対策

結局のところ薄毛は強いストレスと関係があるようです。ということは、なるべくストレスを避ける生き方を選択するしか無いのかな?あとは、バランスの取れた食生活と十分な睡眠時間の確保、髪の毛に優しい洗髪料の使用や洗髪方法に尽きると思います。

yurian

コメントは受け付けていません。