乾燥肌の人は界面活性剤を避けるべき

乾燥肌の人は界面活性剤を避けるべき

乾燥肌、敏感肌と呼ばれるような肌のお方、お悩みがあれば一度

界面活性剤を避ける生活をしていただきたいです。

PLUEST(プルエスト)の効果を徹底検証!購入して使った口コミ評価!

界面活性剤はクレンジングや石鹸、食器用洗剤などあらゆる洗剤に使われる成分です。水にも油にも溶ける成分で、この二つを混ざりやすくすることによって汚れを落とします。

洗剤と肌の水分が混ざることで、結果的に肌の水分を奪ってしまう成分でもあるのです。クレンジングで肌に優しいものを選ぼうと言われているのもこのためです。

肌が弱い方が界面活性剤を大量に肌につけた場合、炎症が起きやすくなり、肌がかさついたり、赤くなってしまう可能性があります。

肌が乾燥していると感じていたり、外部からの刺激により肌に負担がかかっていると感じている方には、美容液や保湿剤を変えることも有効な手段ですが、普段より界面活性剤を避けるよう心掛けてみるだけでお肌が変わるかもしれません。

具体的には①クレンジングや洗顔を肌に優しいものに変更する。

②お風呂から出た後、顔についた界面活性剤を落とすために水洗いする。

③柔軟剤がついたタオルで顔を拭かない。

この3つを意識するだけで、今までよりも肌と界面活性剤が接触する頻度を減らすことができます。

yurian

コメントは受け付けていません。